ガジェット

【レビュー】Apple Wireless Keyboard(ワイヤレスキーボード) 日本語配列とiPad pro 10.5の相性

 

どうも、しろくまです。

 

家でWireless Keyboard / ワイヤレスキーボード(日本語配列:JIS)を見つけたので、iPad Pro 10.5インチとBluetooth接続してレビューしてみたいと思います!

 

要は、こんな感じ。

 

このワイヤレスキーボード自体が2009年に発売したモデルみたいですね。

 

 

【こんな方へ向けた記事】

・iPad用(タブレット用)のキーボードを探している

・Mac用のワイヤレスキーボードを探している

・Magicキーボードがどうも合わない(打ちにくい)

・カフェ等、外出先で使うキーボードを探している

 

 

※ちなみに自分がメインで使っているキーボードはHHKB(Pro2)を使ってます。

HHKBは本当にオススメなので、こちらもご覧ください!

【レビュー】HHKBは人におすすめできるキーボード!色を白か黒で迷うならカスタマイズすることも考えると良い! 2018年に、1・2番を争う良い買い物をしました。 それは… Happy Hacking Key...




 

Bluetoothによる遅延は、ほぼ無し

さすが同じApple製品だけあって、iPadへの文章入力の反応も抜群です!

普段PCで使ってるのとなんら変わりない打ち心地。

カフェ等、外出先でブログを書くのには両方とも持ち運びが便利ですね!

 

よくネットで見るのは、Bluetoothキーボードって遅延したり早くタイピングすると画面表示が遅れるってよく見ますけど、全くそんなことはないですね。

一応、ファンクションキーの反応も動画にしました。


HHKBを使わないのであれば、ノートPCで使うような、薄いキートップが打ちやすいと思うので良いです。

普段使うキーボードが英字配列で慣れてると、日本語配列に慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、配列はほぼ同じなのであまり気にならないと思います。

 

 

矢印キーが付きが良い!

 

見た目は、小さいんですが使ってみると違和感なく使えます。

左右の矢印の上に空間があるので、ちょうど矢印キーの位置が見なくても

わかるようになっていて使いやすいです。

 

比較で、マジックキーボードを見てみると…

左右のキーが普通の文字のキーと同じサイズなんですよ!

 

どういうことかというと

 

普段、手元を見ないでタイピングしてると矢印キー自体が独立していたり、左右のキーのサイズが違うことで、矢印キーの位置を把握できるんです。

つまり、目で見なくても手の感覚だけで矢印キーを把握できるわけですよ。

 

他の文字キーと同じサイズにしちゃったら、矢印が打ててるかわかりにくいじゃないですか!

これは残念ですけど、マジックキーボードのデメリットですね。

 

ちなみにブラインドタッチが楽しく習得できるようになる記事があるので、こちらもどうぞ!

【タイピング】【Ozawa-ken】無料でブラインドタッチが早く上達!タイピング練習のオススメサイト・ゲームはこれ!

【タイピング】【Ozawa-ken】無料でブラインドタッチが早く上達!タイピング練習のオススメサイト・ゲームはこれ! わたくし、タイピング練習サイトを使って、ゲーム感覚でブラインドタッチ(タッチタイピング)ができる...

 

コピペもスムーズ!

範囲指定も矢印キーとシフトキーでスムーズにできます。

PC(パソコン)で使ってる感覚となんら変わりないです。

当然、画像表示のラグも一切ありません。

 

カフェで使うキーボードとしてもアリ!

カフェで仕事される人にとっても、静音性があって良いと思います。

打鍵音は、普通のノートPCよりほんの少し大きいくらいですが、ほとんど気にならないレベルです。(バチバチ強く打たなければ)

 

膝の上で打てる

テーブルが小さく、 ipadを置くのがギリギリな場合は膝の上で打てるのは大きいかもしれないです。(そういうタイミングがあるかわかりませんが)

例えば、カフェで打ってて隣のお客さんと距離が近い時、何となくカチャカチャやってるのが気まずいと思うんです。

そういう時に、膝において打てば気にせず気持ちよくタイピングできると思います。

しかも今、分厚い机の上にipad、それを挟んだ下の膝で打ってますがそれでも遅延0です。

って考えたら、Smart keyboardより良いんじゃない?!!

 

軽い!薄い!

このモデルは445gですが、自分にとっては近くのカフェなら持っていっても良いかなくらいの軽さです。

そして薄い!

マジックキーボードはもっと薄いですが、個人的にはこれで十分です。

 

単三電池2本で動く!

今どき、充電じゃないの?!という声も聞こえてきそうですけど、個人的には電池でも良いと思いますけどね。(環境問題とかそういう話は抜きにして!)

電池の持ちも良いですし。全く問題ないと思いますね。

電池交換の仕方(Apple公式サイト)

 

ちなみにマジックキーボードは重さ半分で充電式!

マジックキーボードはワイヤレスキーボードの約半分の重さで231g!

充電式で電池による重みも無し!

 

ちなみに今、appleの公式サイトでレビューを見てたら、どうやらキーストロークが浅くなったみたいです。

押す感覚がほぼ無いのでブラインドタッチしてるとどこを打ってるかわからなくなるそうです。。

なんか惜しい!!!!

でも少し気になる…

 

Smart Coverとの相性も抜群!

こんな角度ですね。

イスに座って画面に向かうと、自然と見下ろすような角度になるので、ちょうど良いので十分だと思います。

 

まとめ

今、マジックキーボード(Magic Keyboard)のUS配列の最新モデルか旧モデルを買うか迷ってます。

 

最新モデルの打鍵感が気になるので、近いうちにアップルストアに行ってこようかと。

行かずに買ってるかもしれませんが。笑

 

文章書きの人で、ipadを持て余してたら、是非bluetoothキーボード使ってみて欲しいです。

ノートPCみたいに使えるってこういう事かっていうのがわかると思います。

 

って打ってたタイミングで遅延が発生!笑

たまに遅延するってこういうことですね。。

数秒間何も反応しないでフリーズするみたいになりますね。

 

連打してると画面が追いついてないけど、実際は反応してるようです。

でも許容範囲。酷かったら繋ぎ直せば良いので。

 

ということで、今日はこのへんにしておきます!

おしまいっ

 

<日本語配列:Wireless Keyboard>

<日本語配列:Magic Keyboard>











ABOUT ME
アバター
shirokuma777
2018年秋、33歳の会社員がブログに魅せられて始めました。 雑記で世の中の色んな事について、役にも立って楽しめる内容にしていきます! Follow @shirokuma7772https://platform.twitter.com/widgets.js