カメラ

【保存版】初心者必見!マイクロフォーサーズのレンズ3選!この3つを揃えたらあとはカメラの撮影が上手くなるだけ!


どうも。しろくまです。

何個かレンズを揃えて撮りたいものがある程度撮影できるようになってきたので書くことにしました。

これらのレンズで近いもの遠いもの、その間にあるものを撮影できるようになりました。

マイクロフォーサーズのミラーレス一眼を買ったは良いものの、どんなレンズが必要か知りたい!という方にとって少しでも役に立ったらありがたいです。

では早速いきましょう!

【こんな人に向けた記事】

・マイクロフォーサーズの基本となるレンズを揃えたい

・一通りどんな物も撮影できるレンズを探している

・基本となるレンズにはどんな種類があるか知りたい




標準レンズ

標準レンズの標準というのは、イメージ的に目で見た通りの景色が撮影できるということです。

 

▼例えば、公園で見た景色を目で見たまま撮るような感じ

色んな撮影方法の本を読んでいると、フルサイズ換算で50mmを基本の焦点距離としたレンズを指しているそうです。(マイクロフォーサーズの焦点距離✖︎2がフルサイズ換算になります)

 

単焦点レンズ

いわゆる背景にボケ味のある写真が撮れるのがこの単焦点レンズです。

撮り方は撮影したい物にカメラを近づけてシャッターを押します。

 

▼例えばカメラを花びらに近づけて撮影するこんな感じです。

この単焦点レンズも十分キレイなんですけど、最近気になっているのは少し高級なレンズがあります。

「ライカ」という有名なカメラブランドとパナソニックが共同で発売している、いわゆる「パナライカ」と言われているレンズ勢のひとつ。

ライカが付くとレンズの質がグッと上がるようです。しかもデザイン性もシビアに考えられているそうです。

次の単焦点と言われたらこれですね。

👉【詳細レビューはこちら】LUMIXでカメラ初心者でも背景ボケした写真が撮りたいならこのレンズ!(LUMIX用マイクロフォーサーズ編)

【レビュー】LUMIXでカメラ初心者でも背景ボケした写真が撮りたいならこのレンズ!(LUMIX用マイクロフォーサーズ編) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad...

 

ズームレンズ

その名の通り、遠くの物を撮影する時に使うレンズです。

 

▼遠くの物 + 背景にボケ味のある写真も撮ることができます。

 

近づくと逃げてしまう鳥や動物なんかも遠くから撮影できますね。

この桜はさっきの桜の写真と比べると遠くから撮っているような遠近感も感じました。

👉【詳細レビューはこちら】カメラ初心者必見!ズームレンズはLUMIX G X VARIO PZ 45-175mmがおすすめ!

【レビュー】カメラ初心者必見!ズームレンズはLUMIX G X VARIO PZ 45-175mmがおすすめ! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_a...

 

おまけ:マクロレンズ

 

単焦点レンズよりも更に近づいて、「虫目線」のような写真が撮れます。

写真は小さいスイセンという花で花の表面の質感がわかるように意識して撮りました。

 

▼大げさですけがこのくらい近寄ってもピントが合います

▼ ↑の距離で撮影した写真がこれです

使ってて感じたのは、単焦点レンズとしても使えるんじゃないかなぁと思いました。

 

比べてみましょう!

さっきの25mmの単焦点レンズと比べてマクロレンズがどれだけ寄れるか見てみましょう

25mmの単焦点レンズが最も寄れる位置

▲単焦点レンズだとこれ以上近づくと撮影できません。(シャッターが押せません)

例えば、オシャレな小物を単焦点レンズで撮ろうと思っても、これ以上寄れないわけです。

 

マクロレンズが最も寄れる位置

▲BLENDの「E」に近づいて撮りました(ピントは水滴にしっかり合ってます)

マクロレンズだとここまで寄れるので、小さいモノの細部を物撮りするのにも適してると思います。

こんなに近くに寄らなくてもさっきの写真より、もう少し近づいて撮りたい!という場面ってよくあると思うんです。

超接近して撮るだけがマクロレンズではないので、接写したいからマクロレンズを買う!っていうことでも無いと思うんです。

 

動画でもマクロレンズがどこまで寄れるのか検証しました

👉【詳細レビューはこちら】マクロレンズはオリンパスのZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macroがおすすめ!

【レビュー】マクロレンズはオリンパスのZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macroがおすすめ! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_a...

 

どのレンズもコスパが良い!

ここで紹介したレンズは中古美品でも2,3万円で購入できます。

レンズなんて安くても5万以上なイメージだったんですが、これはマイクロフォーサーズの特色なのかな?とも思ってます。まだあんまり詳しくないのですが。

おすすめのカメラ店はアマからプロまで御用達の「マップカメラ」です。

ネットの商品情報はリアルタイムに近い状態で更新されるのと、中古でも基本的に商品の質が良いです。

ちなみに中古で買うなら、ほとんど新品に見える「美品」がオススメです。

 

まとめ

改めて見てみるとレンズの違いで写りがこんなに違いがあるんだなぁと感じました。

逆にある程度レンズを揃えれば大体のものが撮れるということもわかりました。

この先のいわゆる「レンズ沼」はさらに撮影にこだわりが増えてきたら、考えるようになるのかなぁとも想像してます。

今は世の中がコロナウィルスの影響で気軽に撮影ができない状況ですが、単焦点レンズやマクロレンズがあれば自宅でも撮影が楽しめると思いますので、普段気にしてない何気ないモノを美しく撮ってみる!なんてことに挑戦しても良さそうですよね。

お互いにこの時期を乗り越えて楽しいカメラライフが戻ることを夢見て、自分にできることを頑張りましょう!

それではっ

番外編:撮影に使ったカメラはLUMIX GF9

カメラ本体についてご興味ある方はこちらの記事もどうぞ✨

【2年使用後のレビュー】デジカメの感覚で手軽にプロレベルの写真が撮れるおすすめのミラーレス一眼はLUMIXのDC-GF9! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google...

 











ABOUT ME
アバター
shirokuma777
2018年秋、33歳の会社員がブログに魅せられて始めました。 雑記で世の中の色んな事について、役にも立って楽しめる内容にしていきます! Follow @shirokuma7772https://platform.twitter.com/widgets.js