ガジェット

【レビュー】iPad pro10.5 と Apple Pencile の 相性が抜群!

 

どうも、しろくまです。

 

今年、iPadデビューをしました!

 

なぜ買ったかというと「Appleペンシルに感動した!」からです。

 

普段から、仕事関係や自分のメモでノートを使うことがあるので

ちょうどいいノートになるかもしれないということで自分なりですが入念に調べて買いました。

 

詳しい人の「ipad pro」と「通常のipad」の比較記事は多いので、ipadを知らない人がいきなりipad pro10.5を買ったら、どう感じたのか?という見方をしてもらえたらと思います。

 

なので、この記事では

iPad pro10.5の特徴

を書いてこうと思います。

 

単純にiPadに興味がある人、タブレットの必要性を考えている人や、Apple pencileが気になる人に少しでも参考になればと思いますのでぜひご覧ください!

 

※ちなみに「iPad pro」 と通常の 「iPad」で区別して書いてます。




薄い、軽い!

外見的なところですが、持ち運びがとにかく楽。

重さは、469 g。

んー、数字だとよくわかりません。

 

自分はipadを持つのは初めてなので、以前の重さを知らないのですが、ごついタブレットと比べるとかなり軽い印象です。

大きさもB5サイズより少し小さいので、カバンに入れての持ち運びできるが良いと思いました。

 

Apple Pencileとの相性が抜群!

本当のペンで書いているのと同じ感覚!

普通に書いている分には、全く遅延がありません、体感で遅延0です。

 

 

またiPad proの場合、表面ガラスと液晶との距離が限りなく近いです。

そうすると、ペンと液晶の距離が近いのでペン先からインクが出ているような感覚になります。

フルラミネーションディスプレイと言うそうです。

 

これがipadの場合、表面ガラスと液晶との距離があるので若干、ペン先と画面が離れている感覚があります。

お店で試したら、少し画面と離れているような印象でしたが、よーーく見ないと違和感がありません。

ちなみに書いている時の遅延はiPad proと同じく、ほぼ無いイメージでした。

 

それにメモアプリとスケッチアプリの種類がとにかく豊富なんです!

選ぶのに迷うくらいあるので、後で用途別におすすめメモ・スケッチアプリの記事も書こうと思います。

 

ネットの文字がとことん見やすい!!

頭ではわかってても、実際見たときの感動たるや。

普段、iPhoneでgoogle検索する文章が長くて当然次の行に続きますが、画面が大きいとこんな風に検索結果の時点で見やすいんですよ。

▲iPad pro 10.5でgoogle検索

 

▲iPhoneXでgoogle検索

 

これに限らず、ネットニュースやブログもタブレット仕様になっているサイトは凄く見やすくて、つい読み込んでしまうんですよね。

 

本が読める

iBookやkindleで本やマンガが読めます。

iPhoneでも本を買って試しましたけど、いくらiphoneの中で画面が大きいと言われてもiPadで読むと段違いでした。

 

横にすれば、このように見開きのように読めるので「本」として違和感なく読めます。

ズームはもちろんできますし、マーキングやしおりを使えるのもかなり便利ですね。

※ちなみに画像は、福沢先生のフリーで読める学問のススメです。

しかし、しろくまは普段「文学」を読みません。笑

 

動画が見やすい

例えば、youtubeを縦で再生したとしても上半分が動画なので、そのままでも十分見やすいです。

画質を向上させるTrue Toneディスプレイを使わなくても綺麗で滑らかな映像です。

 

あとNetflixなどの映画で見る人には、さらにオススメが!

それは…?

 

音が絶品!

何故かというと、iPad pro10.5はiPad本体の上下に計4つのスピーカーが付いてます。

全部から音がでるので通常のipadやiphoneとは違う、サラウンドで臨場感あふれた良い音で映画を楽しむことができるからです!

音楽を聞いても、太く低い音まで再現できているので、誰でも違いを感じれると思います。

 

Apple製品とのやりとりが簡単でスムーズ

AirDropを使えば、iPad proで書いた絵やメモを、簡単にiPhoneやMacへ送ることができます。

もし、windows PCにデータを送りたいときもDrop Boxを使えば共有ボタンからすぐに転送できます。

 

スマートカバーのみで使うのがベスト!

画面フィルムと背面カバーはいりません!

 

そこは、裸で使ってください!

 

これ、買う前の自分なら「ありえない」と言ってます。笑

 

ネットの情報や自分の体験をもとにここに辿り着きました。

 

フィルムを張ると、ペンの感度が変わる。

液晶とペン先の距離が広がるので若干感度が鈍くなるというもの

フィルムを張らなくても、強化ガラスなので傷つきにくいのと

ペンの跡も残りませんし、指紋も拭けばいつも新品同様の輝きが保てます。

 

②背面ケースの一番軽いものを付けても、ipad全体が重くなる。

寝ながら見る時も重さに意識が行くようになりました。

最終的に、スマートカバーだけで使ってますが、これがベストです。

iPad自体が身軽だと実用的に使えます。

 

個人的には、色々保護すると、大事に大事にという意識で使うので感覚的に使いにくくなるイメージがあるんですよね。

なので、乱暴には扱ってないですが、本当のノートと同じ感覚で使ってます。

 

しろくま流、iPad proの使い方

冒頭にも書きましたが、仕事と普段のメモ用が主な使い道ですね。

ただ、最近ブログを始めたこともあり、ありがたいことにiPad proが大活躍してくれています。

このサイトのホームのロゴや、画像の編集で役立ってくれていますし。

本当に意外な使い道でした。

 

自分は普段、絵なんて描くことが無いし、学生時代の美術は3か2だったのでイラスト要素に縁がないと思ってました。

でも、自分なりに使えばいいかなと吹っ切れたような感覚があったので、好きなように使えていて便利さとありがたさを感じています。

Apple Pencilのアクセサリ編

Apple Pencilも持つ人へ向けて持っておくと良いアイテムを!

おすすめ①Apple Pencil専用ケース

持ち運び用のケースです。

何に入れて持ち運ぶか考えた時に、筆箱みたいなものを別に持っても良いのですが、iPadにくっ付いてたら更に良いなと思ってたところにコレと出会いました。

 

iPadのカバーにゴムバンドではめるだけ。

Apple Pencilも差し込めばいいだけなんで、使う時も取り出しやすい。

 

筆箱を別に持たなくても良いので、なおヨシ!

 

おすすめ②Apple Pencil用キャップカバー

Apple Pencilそのものを無くす人も多いようですが、キャップなんかもっと無くしそうです。特に自分の場合。

これもレビューを見ながら買いましたが、買って正解でした。

これは、キャップを無くさないのは当然ですが、充電用のコネクタも無くさないようになっているのでオススメです!

 

まとめ

もし、iPadなんか埋もれてるわ!なんて人がいたらぜひまた使ってみてください。

ブログを書く人なら、Apple Pencilが使えなくても、ワイヤレスキーボードと一緒にカフェなどでブログを書く事もできますしね。

ネットも使えますし。

 

本当、いまさらiPad(タブレット?)の便利さに気づいたという感じですが、これからもずっと活躍してくれることを期待しています!

 

おしまいっ




 








ABOUT ME
アバター
shirokuma777
2018年秋、33歳の会社員がブログに魅せられて始めました。 雑記で世の中の色んな事について、役にも立って楽しめる内容にしていきます! Follow @shirokuma7772https://platform.twitter.com/widgets.js