ガジェット

【レビュー】HHKBをノートPCで使えるキーボードブリッジが外でも使えて最高に捗るのでおすすめ!


どうも。しろくまです。

ようやくHHKB用のキーボードブリッジを手に入れました。

テレワークをやり、ブログも書くとなると一日のうちのほとんどが

自宅なので気分転換に外でHHKBを使ってブログを書きたいと思うようになり購入。

かなり快適だったので紹介していきます。

【レビュー】HHKBは人におすすめできるキーボード!色を白か黒で迷うならカスタマイズすることも考えると良い! 2018年に、1・2番を争う良い買い物をしました。 それは… Happy Hacking Key...
【こんな人に向けた記事】

・HHKBをMacBookのキーボードの上に乗せて使いたい

・キーボードブリッジをわざわざ買う必要があるのか




シンプルな梱包とデザイン

▼薄手のボール紙のようで封書を開けるような感覚でした

▼キーボードブリッジと滑り止めシール

 

▼右上と左にあるさりげないデザインが好印象

 

薄くて軽い!

▼わずか116g

▼厚みは3mm

HHKBを持ち出す時に、キーボードブリッジがひとつ増えたとしても何の支障もないサイズと重さですね

ツルツルの面のテーブルとかに置いてしまうと、張り付いてしまうので拾うのが若干手間というくらいです。

 

付属の滑り止めは必須

そのまま使うとキーボードごと滑ってズレてしまうので、この滑り止めは貼った方がいいです

▼四隅に4つ使ったので空いてます。あともう1セット(4個)とライン状の滑り止め(黒い線の部分)が使えます

 

▼貼り付けるとこんな感じ

 

キーボードブリッジをPCへ乗せると

13インチのMacBookAir 2018年モデルですが、しっかり収まってくれるサイズ。

クリアタイプだと透けて見えるのは見栄えとしても良い。

埃が付くので、家電量販店などで売っている静電気除去するウェットティッシュを使えばそんなに気になりません。

 

HHKBをキーボードブリッジに乗せると

トラックパッドの部分がちょうど窪んでいるのでHHKBと併用できるのが良いですね。

マウスも使ってますがトラックパッドで複数画面を操作できるのは凄く便利です。

 

ノートPCでHHKBが捗る!

外出先(主にカフェ)でも安定した作業ができるようになりました。

かなりマニアックですが、膝上でタイピングしている時の感触と音はなんとも言えない心地いい感じがします。

 

▼実際にやるかは別として、これも理想形のひとつです。

パームレスト(木)が無くても手首は疲れないですが、この形はかなり安定感がありますね。

マウスもトラックボールなのでいちいち手首を動かす必要がないので細かい作業も楽です。

荷物は多くなるけど、広いテーブル席が使えるカフェであれば持って行っちゃいます。

トラックパッドは使えなくなっちゃいますけどね。

 

吸振マットとの相性が抜群!

▼HHKB Pro2用吸振マット

この吸振マットがキーボードブリッジに吸い付くような滑り止めをしてくれるので、HHKBとキーボードブリッジのズレは一切機にする必要がありません。

HHKBの静音ではないモデルを使っている人でまだつけていない方は、キーボードブリッジに有無に関わらずおすすめですね。

【レビュー】【即買い!】静音効果抜群!HHKB Professional2用の吸振マット!打鍵感・音まで良くなる! この前、レビューしたHHKBの静音対策レビューです! HKKBのレビューはこちら。 ☞【HHKB】必...

 

デメリット①:滑り止め無しで使うのは難しかった

少し前にもありましたが、滑り止め無しで使うと自然にタイピングしているだけですぐにブリッジごとズレてしまいます。

その時、キーボードブリッジがトラックパッドに重なるとマウスポインタが変な動き(誤作動)します。

付属の滑り止めは最初から取り付けることをおすすめします。

 

デメリット②:膝の上で打っているとブリッジごとズレる

膝を組まなくても前後どちらかに傾斜が生まれるので、滑り止めを四隅4か所に付けていても少しずつズレました。

またMacBookの場合、キーボードブリッジがトラックパッドの上に被るとマウスポインタが勝手に動いたり指での操作が効かなかったりします。

ちょっとでも被るとそうなるので、キーボードブリッジを使う時はテーブルなど平面で売った方が無難です。

見栄えを気にしてまだ使ってませんが、ライン状の滑り止めも併用するとさらに効果が期待できると思います。

 

カフェや外出先の作業が充実する

丸1日カフェで使ってみましたが、テーブルで使う分には特にずれることもなく安定してタイピングできました。

HHKBを置いてるのにタッチパッドがそのまま使えるというのがマウスを持ち歩く必要がなくてかなり便利です。

もうひとつ、使っていて気づいたのはHHKBの高さは「小さい方の爪」を立てると手の疲れが少なくより自然に作業できる印象でした。もちろん個人差があると思います。

一番高くしてしまうと、手首の疲れを感じました。

 

仕様

PFU公式HPからの引用です
本体色 クリアー/ホワイト
対応機種 13/15インチクラスのサイズの合うノートパソコン
※MacBook、MacBook Air(11/13インチ)、MacBook Pro(13/15インチ)確認済み
対応キーボード HHKBシリーズ
材質 アクリル製・端面磨き仕上げ
サイズ(縦・横・厚さ) 130×295×3mm
重量 約130g
付属品 ゴム足

PFU公式HP(引用元)

 

まとめ

正直、アクリル板に数千円も払う価値があるのかというのもずっと頭にあって買っていなかったのもありました。2年くらい踏みとどまってたかなと笑

家でテレワークをしているので、仕事とプライベートの区別をするのに気分転換という意味でも良かったですし、今ちょうど資格を取る為の勉強をするタイミングだったので良い買い物になりました。

お店などで試すことはできないのは残念ですが、ノートPCとHHKBを使うのであれば買う価値はアリだと思います!

それではっ











ABOUT ME
アバター
shirokuma777
2018年秋、33歳の会社員がブログに魅せられて始めました。 雑記で世の中の色んな事について、役にも立って楽しめる内容にしていきます! Follow @shirokuma7772https://platform.twitter.com/widgets.js