体験談

【体験談】【その2】30代会社員が、初めて海外旅行&ひとり旅に行ってみた! in アメリカ(グランドキャニオンへの道)

どうも、しろくまです。

 

長編第2弾、「出発編」です!

 

これはライフハック記事ではなく、ただ気ままに書いてる日記みたいなものです。

少しでも楽しんで貰えたらありがたいです!

 

この話の第1弾から来ていただいた方、ありがとうございます!

まだ読まれていない方はぜひ!

【体験談】【その1】30代会社員が、初めて海外旅行&ひとり旅に行ってみた! in アメリカ(グランドキャニオンへの道)

【体験談】【その1】30代会社員が、初めて海外旅行&ひとり旅に行ってみた! in アメリカ(グランドキャニオンへの道) 少し前の話ですが、初海外でアメリカへ一人旅に行った時の話です。 初めて、海外旅行される方、一人旅される方の...

 

 

旅行準備の話をもう少しだけお付き合い頂いたら、いざ出発となります!

それでは早速!






パスポート無しには始まらない!

一人旅も初めてだし、わからないなりに、自分が普段使うものと必要だと思うものをリストアップしていきました。

 

やはり海外旅行といったら「パスポート」というイメージが一番最初に来ますよね。

 

でも、どうやったらパスポートが手に入るのか。

そもそもお金がかかるもの?どうやって手続きするの?とか疑問符だらけでしたが、インターネットがしっかり教えてくれました。

 

するとパスポートは、およそ6日で受け取れる事がわかりました!早い!(新宿のパスポートセンターの場合)

 

早速、仕事帰りに行くことに!

 

いざ、パスポートセンターへ!

ある仕事終わりの帰りにパスポートセンターへ行きました。

パスポートには有効期限があり、期限は2種類選ぶことができ、それぞれ料金が違いました。

10年 ¥16,000
5年 ¥11,000

料金の違いは、¥5,000でしたが、頻繁に海外旅行に行くつもりは無かったので、5年を選びました。

 

その後、隣接された写真屋さんでパシャリ。

撮る時は、カメラマンが、「アゴ引いて、もう少し右」とか言ってくれるので運転免許的な失敗は無く綺麗に撮れました。

あとは6日待つだけ。フフフ。

 

パスポートって赤じゃないの?!

と、恥ずかしながら30代にして知りました。

 

受け渡し日に、出来上がったパスポートを受けとると。

「紺色だ…」

つまり、有効期限によって表紙の色が違うのです。

10年は「」で5年は「紺色

 

憧れの赤のパスポートじゃなかったことに、少し寂しさを覚えながら、家路に着きました。笑

 

ESTAって何ぞ?

パスポートセンターの窓口の人に強めに言われました。

「アメリカへ観光で入国する為には、このESTA申請というのが必ず必要なのでやっておいてくださいね!」と、

 

何それ…

 

調べてみるとビザの代わりになるもので、アメリカへの入国の時に必ず必要になる入国を許可してもらう為の手続きだそうです。

90日以下の観光旅行なら、ビザを免除する代わりに、ESTA申請すれば入国しても良いよ!いうもの。

 

有効期限はビザが1~6か月なのに対して、ESTAは2年間と少し長いです。

 

あとは、発行手数料が1400円くらいかかり、ICチップ付きのパスポートでないとESTAは使えないという条件があります。その場合はビザの発行になるそうです。

 

もし申請を忘れて現地に着いちゃったとしても、入国審査前にESTA申請の機械があったと思います。でも全部英語だと思うので、事前にやっておいた方が良いと思いますね!

 

出発までの買い物と計画

周りに海外旅行に行く友達はいないので、自分で必要なものを毎日考えながら生活していたわけです。

 

海外に行って、急に必要になるものもあると思ったので、救急セットとかいざという時の持ち物を揃えました。お金を入れる財布を2つに分けようとか。

あれもこれも必要だ!と思いつけばメモして、出発前日まで買い物をしました。

 

その一方で、計画はというと…

「現地の行動がまるで想像できない!!!」

 

当然ですが外国の電車やバスに乗ったことが無いので、乗り方も切符の買い方すらわからないのに計画も何もありません。そもそも買い物だってできるのかどうか。

でも考えるしかないのでコツコツやりましたよ。

 

るるぶとまっぷる、ネットを駆使して、駅からバスのルートや時刻表の確認をして自分なりに練りました。つまり全ての計画を一人で立てたわけです。

よくありがちな、行ったらなんとかなるでしょ!精神がここで少しづつ現れ、受け入れてしまったのです。

 

これが後の悲劇へと繋がるとは思いもせず……

 

ともあれ、現地にいる実施3日間の計画を立てましたよ!

ざっくりとこんな感じ。

1日目

・午前中にロサンゼルスに到着、ホテルへチェックイン

・午後から、ドジャースタジアムで野球観戦

・サンタモニカビーチを散策

・ホテルに戻り寝る

2日目

・朝食はホテル近くのカフェ

・午前中にハリウッドを観光

・夕方、ラスベガスへ発つ

・ホテルで夕食を食べ、グランドキャニオンに備えて寝る

3日目

・丸一日を使って、グランドキャニオン観光(移動はバスとセスナ機)

・ホテルに戻ったら、シャワーを浴びて寝る(翌朝6時起きなので)

4日目

・早朝から帰国に向け出発(朝7時半頃の便)

うん、なんかワクワクしてきた。晴れると良いなー。

 

アクティビティ予約で間違いがないサイト!

前回の話で出ていた、HISの社員さんの話によると、現地のアクティビティはHISで予約するよりも自分でネットのサイトから予約した方が圧倒的に安いとのこと。

この話を聞いた時、HISさんに少し信頼を置きましたね。

 

中でもこのサイトをおすすめしてくれました。

  ↑リンクが新しいタブで開きます

 

無料で新規アカウント登録して、すぐにアクティビティの検索・予約ができます。

値段も日本円・外国通貨の表示切替ができ、一番良いのは食べログみたいに正直な口コミで判断できるのがイイところですね。

同じアクティビティでも、扱う会社が色々あるので、選択肢が多いのも魅力です。

 

もちろん実際にベルトラで、グランドキャニオンツアーを予約させてもらいました!

 

グランドキャニオンの【ツアー】ってどんな感じ?

結果:2万2千円のツアーに決めました。(移動はセスナ機)

 

グランドキャニオンツアーといったら、王道は車移動みたいです。

基本はラスベガスを出発点にして、車で各ホテルに参加者を拾いに行き、早くて片道約4時間半くらいかけてグランドキャニオンに着くという流れ。

 

それ車移動だけで疲れる!

 

ということで、他の移動手段を探してみると、あるじゃないですか。

 

セスナが!!

しかも、片道約70分

 

めちゃくちゃ値段が高いのかと思いきや、ツアーの価格は2万2千円くらいで平均か少し上くらいだたので、これに決めました。

 

本当に使わない方が良いサイト(悲)

野球観戦のチケットを予約する為に、ググってこのチケット購入サイトに辿り着きました。

要注意!このサイトは絶対に使わないようにしてください!

Viagogo(ビアゴーゴー)

いわゆるチケットの転売サイトだということが、後でわかりました。しかもかなり悪質な。

 

残念ながら、わたくし、ここでドジャースの野球観戦のチケットを買ってしまったわけです。

事の顛末はのちほど。

 

いざ、羽田空港へ!

日本を発つ当日。

この日は夜勤明けだったので、昼頃に空港に着き、夕方発の飛行機の中で眠ることにしました。

wifiのレンタルやお金の両替もあるので、時間に余裕を持たせて正解でした。

 

人生初の飛行機ということもあって、アドレナリンを噴射しながら、羽田空港に向かいました。品川で乗り換えた時は全員旅行者に見えました。(単純過ぎ)

 

羽田空港国際線ターミナルに到着!

ドン!!

さぁ、着きましたよ!羽田空港国際線ターミナルに!

飛行機が初めてなら、空港も初めてなので、この広さと雰囲気に子供みたいに圧倒と感動しました!(しばらくこういう感覚が続きます)

↑↓これから海外出張にでも行くかのような感覚になる

写真にもある通り、アルファベットの文字がありますよね?

これは航空会社によって、搭乗の受付する場所(チェックインカウンター)を案内してくれています。

 

今回は「アメリカン航空」を使うのでここでした。

イ、イカす…(古い)

搭乗手続きは、機械を使えば良かったので、トランクの受け渡しだけ対面でやって終わり。ちょっと拍子抜け。

 

円をドルに両替   ¥ ➡ $

未知の領域です。

しろくま
しろくま
(へー、みずほ銀行が請け負ってるんだー)
銀行員の方
銀行員の方
おいくら両替しますか?
しろくま
しろくま
ご、5万円でお願いします(何も考えてなったけど、ひとまずこのくらいあれば大丈夫でしょう)
銀行員の方
銀行員の方
【手際よく紙幣を数え】お待たせいたしました。ご確認をお願いします。

そして人生で初めて、ドル紙幣を手に入れたわけです。

 

ドン!

 

※ 原版番号は伏せてます。

 

1$札のジョージワシントンしかわからない…笑

でも現物を見るとリアリティがドンとくるものですね。

 

新札だったんですが、使ってる紙が違うようで日本のものとは匂いが違いました。こういう小さな発見がワクワク感を増幅させてくれました。

 

持ち物検査(保安検査場)そしてトラブル?!

持ち物検査の場所の前に通るのがココ。

あ、globeのDeparturesって「出発」だったのか!なるほど確かに!

とどうでもいい事に感動しながら潜り抜けました。

 

そして、いわゆるバラエティ番組で出てくるような、でも大きくてごっついゲートがありました。

 

女性警備員さん
女性警備員さん
はい、次どうぞー(淡々)

しろくま
しろくま
そーっ(ドキドキワクワク

 

ピーピーピーピー!!

しろくま
しろくま
嘘やん…)
女性警備員さん
女性警備員さん
はーい。ポケットに入ってるもの全部物出してください(淡々)
しろくま
しろくま
はい。これで全部です。
女性警備員さん
女性警備員さん
じゃぁもう一回ゲートくぐってください(淡々)

 

ピーピーピーピー!!

しろくま
しろくま
(ええ、もう何もないって…

女性警備員さん
女性警備員さん
ジャケット脱いで、靴下も脱いでこのカゴに入れて、また通ってくださいねー(淡々かつ急かされる)

 

この時点で、もうTシャツとズボンと裸足でほぼ身ぐるみ剥された状態…

 

ピーピーピーピー!!

しろくま
しろくま
(もしや夜寝てる間にエージェントが俺の体にチップを埋め込んだのか…………

 

その後、5分くらい立ったまま待たされ、不安というか何でだろうという気分が募るわけです。すると…

 

女性警備員さん
女性警備員さん
はーい。大丈夫です。このまま通ってくださーい(淡々)
え……はい。でも何で…

 

その時には、もう警備員さんの姿は無く…。

めっちゃモヤモヤするがな!!!

ゲートが不具合だったっていう事でも良いので、理由くらい伝えて頂けるとありがたいんですが。。。

 

ようやく搭乗口へ!

無事に荷物検査を通過し、搭乗口まで向かいます。

動く歩道の窓からは、もう飛行機・飛行機・飛行機✈

もう刺激でしかない…

 

搭乗待合所には、充電用コンセントも完備!

モバイル関連の充電用コンセントが席のいたるところにあります。

写真はおじさまがが真ん中を陣取ってるので、見えづらいですが。笑

 

離陸 ✈

搭乗時間となり、飛行機に乗り込むと予約した3人席の真ん中に座りました。

エコノミーなので、隣との距離がめちゃ近かったです。新幹線より密着してる印象でした。

 

CAさんの説明の後に、離陸!

 

機体が宙に浮く瞬間、両手にかいた汗の量は忘れません。

普段、手に汗をあまりかかないのに、びしょびしょになるくらいかきました。

でも怖かったというより、アドレナリンが出て興奮している状態で、ワクワク感が強かったのを覚えてます。飛んでしばらくの間、人に感動を伝えたくなるのを抑えてました。笑

 

あと飛行機の音って、本当にうるさいんですね。

事前に耳栓とアイマスクが必要だというのを調べてたので、持って行って正解でした。

今だとノイズキャンセルヘッドホンがあると、本当に静かに過ごせるみたいです。

 

機内は無料で観れる映画や、現地までの空路や距離、気温、高度などを見れるような画面があり、楽しめました。無料wifiもあります。

 

夕飯の機内食はこんな感じで、スクランブルエッグとハムとマッシュポテトでした。朝食みたいですが、これが本当に美味しかったです。写真ブレてますが💦

夜勤で疲れていたというのもあり、2時間くらいしたら寝てしまったので、機内の写真はあまり撮れませんでした。

 

まとめ

この後、およそ10時間後にロサンゼルス空港に到着とあいなります!

次回はいよいよアメリカ上陸編!こちらからどうぞ。

【体験談】【その3】30代会社員が、初めて海外旅行&ひとり旅に行ってみた! in アメリカ(グランドキャニオンへの道) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_a...

それではっ!




 








ABOUT ME
アバター
shirokuma777
2018年秋、33歳の会社員がブログに魅せられて始めました。 雑記で世の中の色んな事について、役にも立って楽しめる内容にしていきます! Follow @shirokuma7772https://platform.twitter.com/widgets.js